Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/414-ec17a5da

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

正月二之席夜の部主任は柳家喬太郎@鈴本演芸場

今年最初のブログは、やっぱり初笑いでしょ!ということで、正月二之席がやっている寄席に行ってきました。
一時はバブルのような人気だった喬太郎もだいぶ落ち着いたようだったので、百栄ちゃん、白酒、喬太郎と揃った鈴本へ。そしたらなんと、19日は白酒休演…。ガッカリだけど、代演は文左衛門さんとのことなのでオールオッケー。楽しみだ!

・三味線漫談  林家あずみ
途中から入場。肩パットの話、やっこさん。はきはきした話口調で良い感じ。次は最初から見たい。

・落語 春風亭百栄
客席の客層の話、あずみさんのものまねの話などやたらマクラが長い。今日はこのまま漫談かと思いきや、一番うれしかったのは弟子入りが決まった時という話からサンフランシスコ時代の話になり「弟子の強飯」へ。初めて聞いた新作(?)。テンパっている弟子入り志願の人が師匠に弟子入りをお願いするのに間違って「弟子になってくれ」と言っているというおかしみかと思いきや、なんと頼まれている側は高校二年でほんとに自分の弟子になってほしいとお願いする話だった。思わぬミスリードで短い噺なのになかなか面白かった。

・落語 橘家文左衛門
マクラもほとんどなく「笠碁」。この人のこういった噺は珍しい。子どもとか女性をやらせると上手いので、老人二人の物語だとちょっと間がもたないような。

仲入り

・奇術 ダーク広和
玉とひもの奇術。音楽が軽やかで、しかもあまり耳にしない感じだったのが新鮮だった。玉とひもという、奇術では王道の題材だったけれど、楽しそうで良かった。ただ、空腹が満たされて眠くて、いいところを見逃してた…。

・講談 室井琴調
赤穂浪士の話をやっていたのだけど、どうも講談の楽しさというのが私にはわからなくて、眠ってしまいました…。

・漫才 ホームラン
勢いのある二人。結婚式を題材に時間を上手く使って楽しませてくれた。芸達者で、こういった寄席だったり地方巡業では人気ありそう。

・落語 柳家喬太郎
今夜で九日目。今回は正月二之席のせいか休演がないよう。マクラで、同期の扇辰さんと上野で呑んだ話をしていて、昔の猥雑な上野の雰囲気とか終電逃した二人に女の子を斡旋しようとするおかみさん?とか、古き良き時代だなアと思った。
噺は「小言幸兵衛」。こんな噺だっけ?と思うような、幸兵衛のおせっかい&勘違いぶり。「湯屋番」と「寝床」をたしたような噺だなーと思っていたら、唐突に終了してサゲがまったくわからなくて呆然。。喬太郎の熱演自体は良かった。


うーん、ちょっと消化不良な感じ。次回は白酒目当てで行ってみたいな!


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/414-ec17a5da

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。