Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/40-80c4f752

-件のトラックバック

-件のコメント

[C13] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

投稿フォーム

東北旅行記(10/23~10/27)③

東北旅行記の最終日。はりきっていきましょう~。

■10/27(土)曇りのち雨
本日のスケジュールは、中野もみじ山、白神山地(暗門の滝)、帰路につく。

雨は止んで、曇り空。早めに出て中野もみじ山へ。旅館から車で5分くらいで近い。神社があるようで参道を歩いていくと、もみじの木がたくさんある。京都の嵐山に対して、中野もみじ山は小嵐山とのこと。樹齢が古いもみじや樅がある。川原に小さいけれど見応えのある滝があり、もみじに囲まれていてきれい。橋を渡り、川に囲まれて島のようになっている場所にもたくさんのもみじ。やはり紅葉の見ごろにはやや早そうだが(10/27時点)、色づきはじめもまた良い。それにしても本当にたくさんもみじがある。公園も広くて山になっているので、見晴らし台まで上っていく。見晴らし台にもたくさんのもみじ。そこから町が眺められる。
もみじの写真をたくさん撮った。

その後、再び白神山地へ。昨日行けなかった暗門の滝へ行く。第一の滝、第二の滝、第三の滝とあって、昨日のくろくまの滝に比べて観光客も多い。最初に見られるのは、第三の滝。道もどんどんせまくなって、次第にすれ違うのも難しくなる。
第三の滝は、3つの滝の中で一番小さいみたいだか、そんなことはないくらい素晴らしい滝。写真を撮る。第二の滝に向かうのに第三の滝の脇を上っていくため、滝の側面を見ることができる。圧巻。滝が落ちてくる一番上のところが見えるのは、初めての体験。
第二の滝は、滝壺の部分が広く、少し離れた場所から滝を見ることができる。こちらは広さがあるせいか何とも可憐な印象。ここで小休止をしつつ、再び上っていって第一の滝へ。
第一の滝まで上ると相当高い場所まで来ている。これ以上、上ることはできないため、滝は下からしか見ることができない。離れたところから見ていても、細かい水しぶきが漂っていてマイナスイオンがすごい。
満足して下山する。
帰り道は、ブナの原生林のコースを辿る。ブナはかつては低い山によく見られていたのだそうだが、現在は少なくなっているとのこと。残っている森を大事にしたい。そういえば、昨日の睨鼻渓の川は、昔は何万匹と魚がいたそうだが、平成14年に台風の被害に遭い、セメントで船の補強を行ったところ、川の魚が激減してしまったと船頭さんが話していた。セメントを使ったせいで魚が減ったのではないか、という話だったが、やむをえない補強だったのに魚がいなくなってしまったことが何だか寂しかった。

雨も降らずに済み、帰路につく。東北道でしばらく走っていると霧雨が。次第に雨が強くなってくる。秋田、岩手と下り、宮城で雨が本降りとなる。休憩しつつ車で走る。磐越道に入っても雨はずっと本降り。磐越から常磐道へ。最後、夫も眠くなって30分ほど長い休憩を取る。柏ICに着いた時、夜中の0時20分でETCで3割引になる。長い旅でした。(この雨は台風だったと翌日判明。)

写真はスキャナの準備が出来次第、アップする予定です。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/40-80c4f752

0件のトラックバック

1件のコメント

[C13] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。