Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/375-29385427

-件のトラックバック

-件のコメント

[C220] こんばんは。

高坂さんに影響されたか、落語のCDを借りてみました。6代目 三遊亭圓生氏。『圓生百席』の猫怪談・鼠穴という、動物のもに興味を持ち、選んでみました。まだ、聴いていないので、楽しみです。

もう、春満開です。
GWも近いですし、色々楽しみたいですね。

  • 2012-04-25
  • msy:m
  • URL
  • 編集

[C221] 良いですね~

msy:mさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。遅くなってスミマセン。。

6代目圓生、私も何枚かCDを借りました。いわゆる「昭和の名人」と
呼ばれる方なので、客席の声が入っていないCDが多い気がします。
観客が居るのと居ないのとでは、こちらの感じ方も変わりますね。
私は客席の声が入っている方が断然好きです(笑)。

GWも、もうすぐ後半ですねえ。
のんびり出来るのもあと少しか……。
  • 2012-05-01
  • 高坂(タカサカ)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

四月中席夜の部主任は柳亭左龍@鈴本演芸場

四月の鈴本演芸場、夜の部主任は魅力的なラインナップ。上席は桃月庵白酒、中席は柳亭左龍、下席は隅田川馬石!
白酒好きとしては上席だろうかと迷いつつも、最近白酒ばっかりだし、ここはいっそのこと、さん喬も見られる中席を狙って、9日目に行ってきました。

紙切り 林家二楽「桃太郎、就職難、ダルビッシュ」
落語 柳家喬之助「堀の内」
落語 入船亭扇辰「紋三郎狐」
漫才 ロケット団
落語 春風亭百栄「暴力上戸の夫とその妻とその隣の夫婦の噺」
落語 柳家さん喬「抜け雀」
仲入り
太神楽曲芸 翁家和楽社中
落語 橘家文左衛門「桃太郎」
粋曲 柳家小菊
落語 柳亭左龍「花見の仇討」

入口で友達を待っていると、扇辰さんが入っていきました。ちょうど録画していた「喬太郎の粋ダネ!」を見た直後だったのですが、まったく同じような格好をしていたなあ~。
入場した時は、ちょうど二楽さんが見本の桃太郎を切っているところ。今日のお客さんは紙切り初体験の方が多いのか、お題を出す時に手を挙げ、日本人の礼儀正しさを見ました。
喬之助さんは、携帯が炊飯器から出てきたというそそっかしい男の話から、「堀の内」。志ん朝の「堀の内」のCDは30分近くあるのに、持ち時間15分でどうなるんだろうと思ったら、ストーリーが大分違いました。なんだかリズムが悪くて最後まで乗れなかった感じ。今日のお客さんは簡単に笑ってくれないなあ。
扇辰さんは、喬太郎と同期ということだけあって、さすがに練達した噺口調。上手いなあと思わせつつも、笑いどころが少なかったせいか、そこはかとない停滞感が客席に漂っている…。

ロケット団は、いつもの四字熟語から。こちらもお客さんの笑いが少ないのでイマイチ波に乗れない感じでしたが、「声が遅れて聞こえる」腹話術から盛り上がって、なかなかいい感じで終了。
百栄さん。この人のベチャベチャしたような声が、いい時と悪い時があるようで、今日はあまり良くありませんでした。これは受け手側の問題なのかも。噺は、酒を飲むと暴力をふるう亭主が翌日には優しくなるという話を聞いた隣の奥さんがおとなしい自分の亭主に暴力をふるってみる、という内容。殴る蹴るという言葉が続くと、何だか白けてしまうなあ…。

中トリは楽しみにしていたさん喬師匠。マクラは時候の挨拶だけで早々に本編へ。「抜け雀」はいろんな噺家さんが演じてますが、20分の持ち時間をフルに使っても、あと3分くらいあればより深い表現が聴けたんじゃないかなと思わせる内容でした。次回はトリでみっちり聴きたいです。

仲入り後、太神楽曲芸。いつもの鏡味さんではなかったですが、こちらも面白かったです。なかなかこういう芸は観ないので、新鮮に驚けます。
文左衛門さんは古典落語を現代風に変化させる名人ですが、今回も上手かったなー。テンポもいいし、聴きやすかったです。声の雰囲気が良いのかな、見ためはコワモテですが(笑)。
小菊さんは、いつものようにさらりと三味線を弾いて歌ってしまうので、つい聴き入って拍手を忘れてしまう(笑)。次は催促前に拍手しなきゃ。

そして本日の主任、左龍さん。
この人、どことなく雰囲気が白酒に似てます。体型かな?
なんと演目は「花見の仇討」。これを聴きたくて、上席の白酒に行こうかどうしようか迷ったのでした。寄席なので、高座に掛かるかどうかはわからないのですが。。
「志ん朝の高座」という本があって、ちょうどこの「花見の仇討」を読んだばかり。そのおかげで、違いもよくわかりました。しかしながら、おしまいの方、少し眠くなっちゃってうつらうつら…。
今日は落語以外の演目が楽しかった寄席でした(笑)。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/375-29385427

0件のトラックバック

2件のコメント

[C220] こんばんは。

高坂さんに影響されたか、落語のCDを借りてみました。6代目 三遊亭圓生氏。『圓生百席』の猫怪談・鼠穴という、動物のもに興味を持ち、選んでみました。まだ、聴いていないので、楽しみです。

もう、春満開です。
GWも近いですし、色々楽しみたいですね。

  • 2012-04-25
  • msy:m
  • URL
  • 編集

[C221] 良いですね~

msy:mさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。遅くなってスミマセン。。

6代目圓生、私も何枚かCDを借りました。いわゆる「昭和の名人」と
呼ばれる方なので、客席の声が入っていないCDが多い気がします。
観客が居るのと居ないのとでは、こちらの感じ方も変わりますね。
私は客席の声が入っている方が断然好きです(笑)。

GWも、もうすぐ後半ですねえ。
のんびり出来るのもあと少しか……。
  • 2012-05-01
  • 高坂(タカサカ)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。