Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/369-d7f3c51d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

正月二之席夜の部主任は喬太郎@鈴本演芸場

鈴本演芸場の正月二之席夜の部主任は喬太郎、そして代演で白鳥ということで、友人とどちらか観に行こうという話に。友人は白鳥は初めてなので、白鳥でということになったのですが、あいにくの体調不良で断念。6日目となる1/16(月)に行くことになりました。

ところが…。
平日なんであまり早い時間には行けないけれど、春風亭百栄ちゃんからは観たい!と思っていたところ、出張前夜で準備に手こずり、百栄はおろか、なんと白酒まで観れない事態に…! せめて白酒は観たかったなあ。

落語 桃月庵白酒(終わる5分前くらいに入場したのでわからず)
仲入り
奇術 伊藤夢葉
落語 入船亭扇遊「蜘蛛駕籠」
粋曲 柳家小菊
落語 柳家喬太郎「転宅」

途中からの入場でしたが、白酒はお客さんを存分に笑わせていました。ああ、もったいない。
仲入りで友人が買ってきてくれたお弁当を食べつつ、後半がスタート。
夢葉さん、いつもよりお喋りがノッていたように見えました。伊藤一葉という自分の師匠の話、そしてしゃべくりながら奇術をするスタイルを確立したマギー司郎さんのおかげで、自分はこうして奇術をせずに舞台でしゃべっていられる、など。正月二之席のせいなのか、とても気の入った舞台で良かったです。
続いて扇遊さん。街道を行く雲助のマクラ。雲助、雲助と敢えて何度も言ってみる。こういう時でないと呼び捨てで言えないから、と。言わずと知れた白酒の師匠、五街道雲助さんのことなんですが。内容もとても良く、脱線せずにきっちり古典を聴かせてくれました。
小菊さんは、白っぽいクリーム色の着物に落ち着いた扇柄の帯、そして帯揚げ、帯締め、伊達衿は差し色の朱。非常にお正月らしい品の良い装いで登場。私は粋曲はよくわからないのですが、何度か聴いたことのある曲をやっていて、雰囲気がとても良かったです。
今日はお正月公演のせいなのか、どの方も無駄な話などせずきっちり気合の入った芸を見せてくれてます。うーん、お正月って絶大。

そして主任の喬太郎。
寄席では二十日までが正月です、ということで新年のご挨拶から。この人は実はとても誠実な挨拶をする方なんですよね。崩れなくきっちりぴっちり礼を尽くせる人なんじゃないかという気がしますが。
三どろ、というマクラから、「あれ、どこかで聴いたことのあるマクラだ」と思っていたら、BSで放送している「今どき落語」で先日、市馬さんが演じた「転宅」でした。新作落語をやるんじゃないかと思っていたので、ちょっと意外。
喬太郎演じる女性っていうのは、何というか昭和の香りのする品の良さを漂わせた雰囲気なんですよね。それと、呑む・食べるの所作の上手いこと! あー、美味しそうだなと思いながら観ていました。
この噺、泥棒が平屋なのに気付かないとか、向かいの煙草屋の亭主は「こいつが泥棒なんじゃないか」と微塵も思わないのがすごい。こちらも正統派の古典をきっちり演じて、あっという間の30分超でした。
楽しかった!

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/369-d7f3c51d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。