Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/351-ea025284

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

権太楼噺爆笑十夜~八日目~@鈴本演芸場

正月、GWは恒例の鈴本演芸場へ。今年は「権太楼噺爆笑十夜」と題する夜の部です。
八日目の今日、柳家権太楼の演目は「抜け雀」。うーん、以前、誰かのを聴いたことのある噺だ…。そして、市馬、小三治は本日は休演とのこと。おかげで遅くにチケット取ったけれど、いい場所取れました(笑)。


奇術 伊藤夢葉
落語 柳家甚語楼「猫と金魚」
粋曲 柳家小菊「両国風景など」
落語 三遊亭歌武蔵「無精床」
紙切り 林家正楽「パンダ、ドラえもん、鯉のぼり、藤娘、がんばれ東北」
落語 柳家花緑「権助提灯」
落語 柳家喜多八「代書屋」

仲入り

漫才 昭和のいる・こいる
落語 橘家文左衛門「寄合酒」
太神楽曲芸 鏡味仙三郎社中

権太楼噺 爆笑十夜
柳家権太楼「抜け雀」


今日は前から着物を着ていくと宣言していたので、木綿の着物と名古屋帯で電車に乗って鈴本へ。
足袋が足にぴったりすぎて痛い(苦笑)。でも、着物で落語、もっと行ってみたいんですよ。
小三治が休演のせいか、客席はややゆったりめ。このくらいの方がのんびりしていて良いかも。

奇術は相変わらずとぼけた味を出していたし、甚語楼さんは一生懸命演じていました。粋曲の小菊さんの着物が黄色の訪問着(付け下げかな?)で珍しい色だなあと思っていたら、曲もいつもと違う感じですごく雰囲気が良かった。
歌武蔵さんは歌之介さんの代演とのことで、相変わらず大きな体に大きな声。そして私には分からなかった「がんばれマエハタ」という昔のフレーズとかるめ焼きが噺の中に盛り込まれていました。こういった少し昔の時事的な言葉は、意外と分からなかったり。
紙切りは、パンダとドラえもんが圧巻でした。上野はパンダで再び盛り上がっているので、正楽さんのそれに合わせたリアクションも慣れたものです。ドラえもんは、お囃子もドラえもんのテーマで、ステキすぎ!
市馬さんの代演、花緑さんは噺家の王道と邪道について(落語界では世襲は邪道で、世襲でなく落語家になった人が王道、という話)しばらく話したあと、物分かりの良い本妻と愛人を綴った「権助提灯」へ。濃い見ためばかりの今日の演者の中で、花緑さんは線の細い色白の爽やかさがありました。
前半ラストの喜多八さん。この人も見ために特徴がある(笑)。本人も言っていましたが、病弱な雰囲気。肺病を患っているように見えます。でも、噺は面白いんだよ。上手いんだなあ。

仲入りでは、着物に着替える前の文左衛門さんが募金箱を持って客席へ。大震災の募金活動とのこと。ロビーでは、やはり私服の権太楼さんがTシャツを買ってくれたお客さんにサインをしていました。一枚につき、500円の売上を寄付するとのこと。仲入りでも、精力的に皆さん活動しています。

さあ仲入り後、のいる・こいるさんは、安定した漫才で会場をドッカンドッカン笑わせてました。もしかすると、一番お客さんが自然に笑っていたかも。これだけ芸歴が長いと、漫才も阿吽の呼吸。客席の拍手も多かった気がします。
文左衛門さん、ユッケ、赤十字、放射能と、時事マクラばかり。今日のマクラは、皆さんどうも毒吐き気味(苦笑)。続く仙三郎社中さんたち、パンダにあやかってパンダのぬいぐるみの傘回しを披露。そして土瓶の芸を初めて見ました。

そしてトリの権太楼、登場。
抜け雀は、前に花緑が演じているのを聴いたことがあったのを思い出しました。演者が違うと、やはり噺の雰囲気も違う。宿屋のおかみさんがふてぶてしく、貧乏ばかりで苦労の挙げ句に開き直って年月が過ぎてしまった感じです。絵に描いた雀が抜け出て~という類の噺は、左甚五郎シリーズの「ねずみ」などにもありますが、この落語ならではの世界観がとても好きです。

今日もいっぱい笑った、楽しかった!

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/351-ea025284

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。