Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/328-acd5182d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

車谷長吉という作家

車谷長吉(くるまたにちょうきつ)という作家がおります。
私がこの人を初めて知ったのは、直木賞受賞のニュースだったんですが、名字の「車谷」が、AIRの車谷と同じだったことも目を引いた理由のひとつであったりします(AIRの車谷でこの車谷長吉を想起する人はこの世に何人居るのだろうか)。

「赤目四十八瀧心中未遂」という小説で直木賞を受賞し、同作品は映画化もするわけですが、結局、当時は食指が伸びず、車谷長吉という作家から遠ざかります。
それが再び近づいたのは、日経新聞に掲載された、車谷長吉自身が書いたエッセイ。どのような内容だったか記憶はもはやあいまいですが「編集者に『あなたなんか、ダメですよ!ダメですよ!』と罵られる夢を見る」、「奥さんに置いて行かれたくない一心で、行きたくもない海外旅行に一緒に出かける」といったような、一種、強迫観念にとりつかれたような文章にちょっと驚き、再び興味を持つも、結局そこでも食指が伸びず。

じゃあ、今回のきっかけは何かというと、やはり日経新聞だったんですが、広告欄に掲載されていた「車谷長吉全集」というシンプルな一行に目を引かれて。全集って、大抵、作家が死去したあとにまとめるので、「あれ、車谷長吉って亡くなった?」と思い、パソコンで早速検索してみました。
…死去してなかった。でも、私小説作家としての廃業を2004年に宣言、とあったので(ウィキペディア情報)、全集出版は間違っていない流れだったんですね。
全集は全3巻。一冊8,190円という、なかなか良いお値段です。
再び検索してみると、例の奥さんとの海外旅行については「世界一周恐怖航海記」というエッセイ本を出しているよう。これは全集に掲載されていないようなので、今度こそ、読んでみようかな。

最近は、朝日新聞土曜版「be」に掲載されている「悩みのるつぼ」という人生相談の回答者をやっているようです。パソコンで検索した感じ、なかなか独特の回答をされているよう。
うん、本は一期一会なんだから、早いところ読んでみるか。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/328-acd5182d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。