Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/327-e58e73fe

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

映画「インセプション」を観る

会社の同僚が「観に行きたい」と言っていたのが印象に残っていて、TVCMを見かけるたびに、ちょっと面白そうだという気分になってきました。夫も興味深そうにしていたので、じゃあ行って来よう!というわけで、公開3日目のの7/25(日)に観てきました、「インセプション」。

20:15開始のレイトショーにもかかわらず、映画館は意外とお客さんでいっぱい。ちなみに長さは148分。約2時間半です。
主演は、レオナルド・ディカプリオ。相当有名な俳優なのに、実際に観たことがある映画は「タイタニック」のみ。昔、レンタルビデオ屋でバイトしていた時、よくレンタルが出ていたのは「ロミオ&ジュリエット」と「バスケットボール・ダイアリーズ」だったので、どれだけ年月経ているんだ、という。
スクリーンを観て最初に思ったことは、「ディカプリオが歳を取っている!」でした…当たり前だ。。体格もがっしりして、子持ちの役柄も与えられるような年齢になったんですね。

そして日本からは、渡辺謙がキャスティング。とある有名企業の権力者、という役柄です。
この映画の監督は、クリストファー・ノーランで、バットマンシリーズの「バットマン・ビギンズ」「ダークナイト」の監督でもありますが、渡辺謙は「バットマン・ビギンズ」に出演しており、実は渡辺謙はノーランの好みの役者なのかもしれません。
また、同じく「バットマン・ビギンズ」「ダークナイト」に出演していたキリアン・マーフィーも、今回、ロバートという、渡辺謙の商売敵の次期跡取りという役柄で出演していました。あまりにバットマンシリーズの印象が強くて、今回は少し霞んでしまったかも。

さて、映画の内容ですが、「夢に侵入して他人のアイデアを盗む」映画なのかと思いきや、「新しい思想を植え付ける(インセプション)」映画でした。
夢の中、そしてさらにその夢の中、という具合に潜れば潜るほど、流れている時間は長くなるという設定で、ずっと下の階層の夢では50年過ごしたことが、現実世界ではわずか数時間…という驚くべき体感時間となります。
そんな設定なので、途中で訳がわからなくなってきました(笑)。いや、もちろん理論的には分かっているんですが、それを映画で展開して観客に同時並行で理解させることが難しいかなと。
ただ、夢の中の奇想天外な世界(道路が三次元に折りたたまれたり、突然階段が出来たり)は斬新で、観ていて面白かったです。

個人的には、ディカプリオ演じるコブが妻(モル)と何十年もラブラブで、かつ、モルが「プロポーズの言葉を覚えている?」とコブに迫る場面とか、ちょっと単調な感じがしました。というか、ラブラブ過ぎるのが何だか違和感があったんですよ。コブの潜在意識のモルだからこうなるんですかね。
終わり方は、どちらとも取れる、ちょっと意味深な感じです。夫は、現実世界に帰ってきたと解釈、私も同じなんですが、それならはっきりコマを倒してよ!と思いました。

観た人といろいろ話したい映画ではありますが、世界観が多少難解なので、理解度が浅い状態だと「どう思ったか?」という議論が深まらない印象も受けました。だからといって、もう一度観たいかというと…148分か。うーん。
蛇足ですが、ノーランは「メメント」の監督でもあるんですね。それなら、この世界観は納得。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/327-e58e73fe

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。