Entries

らくごカフェに火曜会

ご無沙汰しております。
先週は北海道でスノボしておりました。さらさら軽いパウダースノーと戯れて、北海道移住計画を真剣に考えようかと思う今日この頃。

本日は、神保町にある神田古書センター5Fにあるらくごカフェで落語を観てきました。ワンドリンクつきで事前予約は1500円、当日は1800円という木戸銭。ワンドリンクつきというとクラブのようです。
今日は二ツ目の柳亭こみちさんと鈴々舎わか馬さんが登場。お目当ては、わか馬さん。「この落語家を聴け!」というコラムをやっている広瀬さんイチオシの方で、今年の秋に真打昇進が決まっているそうです。

こみち「辰巳の辻占」
わか馬「井戸の茶碗」
仲入り
わか馬「浪曲社長」
こみち「蚤のかっぽれ」

で、わか馬。
上手かったです、堪能した!
途中でつっかえること数度あり、それが真打と二ツ目の違いなのかと。
知っている噺はひとつもなく、「井戸の茶碗」はさすがにタイトルは知っていましたが、「浪曲社長」はオリジナルの新作落語だと思っていたら、新作落語であるものの、わか馬のオリジナルじゃないと知ってビックリ。落語は奥が深いなあ。

こみちさんはちょっとマクラが長かったかな…小三治のお供でイタリアでスキーするなんて、ニセコで十分だよ、雪は最高だし客の半分は外国人だから外国にいる気分も味わえる(笑)。
わか馬の「井戸の茶碗」はマクラなしですぐに始まりましたが、あれだけ長い噺をするんでしたらマクラはない方がい良いので良かったです。いやほんと、熱演で良かったなあ。

余談ですが、らくごカフェは飲食物持ち込み禁止だそうです。基本的に落語を見せる場所で持ち込み飲食OKなのは寄席だけなんですね。好きに出入りも出来る寄席は、やはり気軽で気楽だと思ったのでした。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/306-0e11f35c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター