Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/291-b10cc478

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

相棒シーズン8感想~第6話「フェンスの町で」

「相棒」ももう第6話ですね。最近はリアルタイムでの雑感更新になっていませんが、今クールはこんな感じでまったりとやっていきたいと思っています。
でも、放映はわりとリアルタイムで観てるんですよ…単なるサボリ??

※以下、ネタバレ含みます。基本的には、役名で雑感させていただきます。

第6話「フェンスの町で」

今回は良く出来たストーリーだったと思います! こういう回は好きです。
駐留する米軍を絡ませたストーリー展開で、現在の普天間基地問題を彷彿とさせるような…もしや「相棒」得意の時事風刺ですか?? 要所要所に出てくる飛行機が飛び立つ場面が嘘臭かったですが。あんなに低くて近い所を飛ぶかな、と。

冒頭の刺激的なゆうちょ銀行襲撃から始まり、土本という少年を軸に物語は展開していきます。土本をいじめる村越、それを見て見ぬふりをする教師、学校に不満を抱いていたと自供する土本…。特命の二人に優しく鋭く問われて返事に窮していく土本。今回の特命係は非常にチームワークがあったようにみえました。冒頭の、右京さんの「君もそろそろ捜査に慣れてきたでしょうから」という軽い挑発(?)はいつものじゃれ合いですよ(笑)。

フェンスを越えようとする村越を前に、特命二人の説得の場面が良かったです。最後の神戸の台詞、「友達は君しかいないそうだ」というのが、じんときました。
そして村越はあとから到着した捜査一課に引き取られていくわけですが、「きっとやり直せますよ。まだ若いし」という神戸の台詞のあとに、私の勝手な想像ですが、「それに、一人ではなく二人なんですから」という台詞が続くかなと思っていました。残念ながら続きませんでしたが。まだその台詞を続けるような心境に神戸がなっていないのだな、と思いました。特命係も二人なので。
どんな二人になっていくのか、今クールは楽しみです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/291-b10cc478

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。