Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/288-3374c972

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

相棒シーズン8感想~第4話「錯覚の殺人」

リアルタイムで観たんですが、ちょっと忙しくアップが遅くなってしまいました。
以下、雑感です。

※以下、ネタバレ含みます。基本的には、役名で雑感させていただきます。

第4話「錯覚の殺人」

ゲストは近藤芳正さん。次回予告の時点でテンション上がって、そして4日は放映なしと知ってテンション下がった。。近藤芳正さんといえば、「踊る大捜査線」第1話の犯人役ゲストですよ! その頃、三谷幸喜脚本の舞台「笑の大学」に近藤芳正さんは出演していて、「踊る~」の第1話犯人ゲストに選んだプロデューサー偉い!と思った記憶が。まあ要するに、私の大好きな役者さんということです(笑)。

さて、近藤芳正扮する好田が犯人として冒頭から出演しておりますが、この回を観て初めて「ああ、相棒もコロンボと同じ作りだ」と気がつきまして…。あれ、最初からこうでしたっけ?? なぜ今更こんな初歩的なことに気づくんだろう…。コロンボと同じ構成を意識したというドラマは「古畑任三郎」が有名ですが。(これは脚本を担当した三谷幸喜が以前何かのメディアで言っていました。)
そして、近藤芳正さんを見て最初に思ったのは「歳を取ったなあ」ということだったんですが…そりゃそうだよ、仕方ないよ、っていうか当たり前だよ!
今回は、近藤芳正さんが好きすぎてあまり真っ当な雑感になっていませんね、スイマセン。

好きな場面は、死んだ絵美が転落したスタジオの手摺から下を覗き込むトリオ・ザ・捜一。こういう三人を並べた斜めの構図は面白い。トリオ・ザ・捜一でもうひとつ、伊丹に抱きつかれてかなり嫌そうな芹沢。この三人は亀山がいなくなってからかなり詳細に描かれるようになりましたねー。
それと、控室で好田を問い詰める神戸の背後に立っている右京さんを、鏡に映して表現していた場面。これも面白い構図でした。こういった構図は監督が決めるんでしょうか。いろいろな挑戦が見られた回でした。

ストーリーは、好田が絵美を殺した動機が弱すぎたことが大きなマイナスポイント。殺した動機も錯覚だった、という、あくまで今回のテーマである「錯覚(錯視)」に引っ掛けた内容でしたが、これはちょっとつまらなかったな。あと、おまけのように神戸の報告日記を表現したのもイマイチ。もうちょっと時間配分を考えて盛り込んでもらえると良かったと思います。

相棒のオフィシャルブック2を本屋で立ち読みしたんですが、神戸は半年という約束で特命に来ているんですね。全然理解していない自分にビックリ。半年じゃ良くわからなくて、結局ずっと居続けるのか、それとも神戸に変化が起きて「このまま特命に居させてくれ」という展開になるのか…小野田さんと大河内さんの神戸との関係も気になる!

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/288-3374c972

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。