Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/287-e33bb6d6

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

くるりワンマンライブツアー2009~とろみを感じる生き方~1日目@中野サンプラザ

仕事で出張なんて、年に1、2回くらいしかないのだけど、10月下旬から怒濤の外回りで毎日どこかしらの土地に出掛けておりました。この日は遠方出張こそなかったものの、神奈川の大船から駆けつけるスケジュールに…ちぇー、30分遅れるよと小石を蹴りたい気分だったけれど、なんと仕事の停滞を気に掛けてくれた上司が「代わりに行くよ」と言ってくれた! まるで神様が「高坂さん、頑張ってるから、くるりはちゃんと行っておいで」と言ってくれたようだった。キャー、これなら間に合う!と喜んだけど、結局ちょっと遅れて2曲目から間に合いました(笑)。

超苦心して手に入れたチケットでしたが、実は2階の最後列。でも、中野サンプラザは最後列でも良く見えた! 演奏した曲は以下の通り。順不動です。
・ジュビリー
→惜しくも聴けなかった1曲目。でも、これが1曲目だったなんて意外だー。
・スーパースター
→客席に入ったらみんな座っててびっくりした…。
・愉快なピーナッツ
→アルバムの中でも1、2を争うくらい好きな曲。このあたりはずっとアルバム中心に演奏していて、それがまたとても良かった。
・太陽のブルース
→「チオビタ」のCMで使われています。前曲「ジュビリー」も1年以上使ってもらって、その次もくるりの曲を使ってくれて、ありがとう大正製薬!
・つらいことばかり
→くるりの真骨頂である変な歌詞(笑)が炸裂。でも、とても好きな曲。すごい盛り上がった! ボーカルの見せ場がかなりあって、途中、岸田が苦しそうだった。
・さよならリグレット
→夜汽車はゴトゴト、とか、思い出ぽろぽろ、というさりげない韻があって、その言葉の音がきれいだった。「どこまで行けるの」という歌詞で、小学生の時、関東では網目のようになっているJRの路線を、小旅行気分で何時間もかけて乗車したことを思い出した。
・ベベブ
→この曲のリズムが好きで好きで。「6月は憂鬱 何だか身体が重くて動かない」という歌詞がとても印象的。
・バースデー
→さとちゃんのイントロが唐突に始まって、それがまたカッコ良かった! 前にインタビューで読んだけど、岸田が「自分の誕生日を歌った曲」とのこと。
・かごの中のジョニー
→この曲のメロディはくるりお得意という気がする。
・三日月
→曲の導入部のピアノがきれいで、鳥肌が立った。NHKの土曜時代劇のエンディングテーマでした。
・デルタ
→「デルタはやらないのかなあ」とちょうど思った時に始まったのでびっくりした(笑)。
・さとちゃんのMC
→この時、岸田は退場していて、場つなぎに話を。中野にあるブロードウェーのまんだらけの話をしていた。
・パリジェンヌの歌
→正式な曲名はわからないけれど、こんな感じの内容で、ミラーボールがキラキラで派手な演出だった。岸田が黒っぽいジャケットを羽織って登場、そしてピアノの世武さんとデュエット(世武さんはピアノを弾きながら)していて何ともステキな雰囲気だった。
・青い空
→前曲のロマンとは打って変わって、いつの間にかジャケットを脱いだ岸田がギターを下げてギャンギャンとイントロを弾き始めた時、思わず前のめりになるくらいテンション上がった! 前の席に座っていた子がこの時立ち上がったんだけど、すごいその気持がわかった(笑)。見えなくなっちゃったんで、私も立ったんだけど、前の子が後ろを気にしてくれて「スイマセン」と謝ってきて、「謝らなくていいんだよー!!」と思った。
・ナイトライダー
→くるりベストに入っている不思議な印象のイントロの曲。それがそのままライブで演奏されたものだから、思わず笑ってしまった! サビの「マンディ、チューズディ、」と曜日を挟む歌詞がリズムと合っていてそのグルーブ感がすごく好きなのだけど、完璧に再現されていた。
・ロックンロール
→今日はピアノが入っているせいか、重厚というより明るい雰囲気のアレンジ。好きな曲だけど、今日の印象はちょっと弱くてお客さんの反応も掴みづらかった。
・虹
→ライブの定番曲のひとつだけれど、客席が、というより、メンバーがこの曲を好きなんじゃないかと思う。
・ばらの花
→本編最後の曲。とにかくピアノが!という一言に尽きる内容だった。世武さん、コーラスともにありがとうございます!

<アンコール>
・さとちゃんの物販紹介
→くるり、いつもの物販紹介。キン消しのような商品があって、さとちゃんは「200円くらい」と言っていたけど、値段を見て「800円もすんの?!」と言っていた(笑)。いやー、それを言っちゃダメでしょう。。魂君というアルバム「魂のゆくえ」ジャケットに出ている黒いゲジゲジのTシャツがかわいかった。
・ワンダーフォーゲル
→キーボードのピコピコ音がすごく良くて、お客さんもノリノリになってしまい、客席のノリに音楽がついていくか崩壊するか微妙なバランスになっていたけれど、ちゃんと最後まで持ちこたえた。さすが、くるり!
・東京
→結果として、これが一番最後の曲となってしまった。アンコール2回目があると思ったのに、お客さんが意外と潔く帰りはじめてしまったので、ちょっとビックリ。。

全体を通して約2時間ちょっとという内容で、少し短いかなと思いました。開演時間が18:30だったので、遅れてくる人多数。平日はやはり19時開始がいいなあ。
そして、すごく立派なグランドピアノが入っていたにもかかわらず「魂のゆくえ」をやらなかった! えー、何で?? 前回の「敦煌」ツアーの時は岸田のギターアレンジだったので、今回のピアノ原曲バージョンをすごく楽しみにしてたのに…というか、「魂のゆくえ」を演奏して終わるもんだと思っていた。。

お客さんは大人しい雰囲気で、最前列の人もはじめは座って聴いていたのでそれも意外でした。前回のアルバム「ワルツを踊れ」から客層が変わったような…。あくまでイメージですが、全体的に若い人(大学生~20代)が増えた感じがします。「ワンダーフォーゲル」のサビで手を振る(?)のが恒例になっているのだけど、あまりやっている人いなかったなー。
とまあ、違和感も少しあったりしましたが、最終的にはすごく楽しかったライブでした! また行きたい。2日目は「魂のゆくえ」をやったのかな。…もしそうだったら、いいなあ…。

次回は、12/27の真心ブラザーズです。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/287-e33bb6d6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。