Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/268-09dba6b5

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

くるりワンマンライブツアー2009~敦煌(ドンファン)~@日本武道館

くるりの武道館ライブはこれで3回目。1階に飾ってあった看板を見て、皆勤賞だということに気づいたのでした。
席は2階の南中段。ステージがシンプルだったのでとてもよく見えました。仕事帰りだったのでスタンディングはつらく、座って観ました。前の人も座っていたりしたので、かなりよく見えて内容はものすごく満足。

今回はアルバム「魂のゆくえ」ツアーであろうと予想していたのですが、セットリストはアルバム中心という印象ではなく、どちらかというと新旧織り交ぜた刺激的な内容でしたね。
オープニングは、なんと「ワンダーフォーゲル」。てっきりアルバム1曲目を持ってくるだろうと思っていたのでそれだけでも驚きだったんですが、2曲目はさらに驚きの「リバー」。そして3曲目は「青い空」!
このあたりで思い出したのは、昔、ユニコーンがセットリストを逆にしてライブを行ったという話。これ、まさにそのパターン…。そして4曲目はライブでは初めて聴いた「トレイン・ロック・フェスティバル」。うわー、この曲好きだけど驚きだあ。

ここで岸田からMC入って、新しいアルバムと古い曲を織り交ぜて演奏するとのこと。いやあ、既に度肝を抜かれてます(笑)。
この後、アルバムより立て続けに4曲ほど。今回のアルバムはアメリカでのレコーディングということで、聴いてみて最初に感じた印象は、チェリーパイとかアップルパイが赤と白のギンガムチェックのテーブルクロスが引かれたテーブルの上に置いてある、というアメリカのイメージ。ちょっと懐かしい伝統的な音という感じでしょうか。ピアノがふんだんに使われているのでライブで聴くのを楽しみにしていたんですが、なんと、ピアノは居ない…。ピアノのパートはギターで演奏していました。

前回の「ワルツを踊れ」がすごく好きだったので、「魂のゆくえ」はどことなく物足りない気分だったんですが、ライブで聴いてみたら印象ががらりと変わりました。ライブはCD通りの演奏じゃなかったので(何しろピアノが居ない)、ライブバンドであるくるりの底力を見せてもらった感じ。すごくカッコよかったなあ!

個人的なハイライトは、後半の「さよならリグレット」から「ブレーメン」に続いた2曲。今日一番の拍手が上がっていたと思う。終わったあと、岸田がめっちゃしんどいとか疲れたとか言っていたのが、何だか可笑しかった。
それから、本編ラスト手前の「ロックンロール」も良かった。この曲はもう、ライブの定番曲ですね。本編最後は「東京」でした。

アンコールは物販の説明のあと「ばらの花」ともう2曲ほどをやってくれました。そして「魂のゆくえ」は演奏しないまま再び袖に引っ込んでしまい、スクリーンに秋のツアー情報が!! うわ、精力的だ、でも観に行っちゃうだろうな。東京は11/9、10で中野サンプラザとのこと。
そしてすぐに出てきてくれて、アンコール2回目。まず、初回限定で封入されていた「謎の板」の説明。これはビックリしました。あの板、何に使うんだろうと思ってたから。詳しくはくるりの公式サイトを見てみてください。
そしてラストの曲、ピアノをアコギに変えての「魂のゆくえ」。
あー、すごい良かったなあ!

ライブのあとは、食事をしながら友達と活動停止になるウルフルズの話をしたり20周年の真心ブラザーズの話をしたり。ウルフルズのフリーライブが行けそうなら行こうかと。でも、きっと体力的に無理だろうな、、。
今日のライブはWOWOWで放送されるらしいので、興味のある方はぜひ観てみてください。

ちょっとおもしろハプニング:
岸田が演奏中に腕を蚊に刺されて、かゆかったみたいでMC中は腕を掻いていたんだけれどそれが全部スクリーンに映っていたこと(笑)。
それと、演奏がヒートして岸田のメガネが吹っ飛んだのがスクリーンで見れたこと。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/268-09dba6b5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。