Entries

二月中席夜の部は豪華顔触れ!

鈴本演芸場の二月中席夜の部の番組表を見たら、スゴイ顔付けじゃないですか。
先月末にそれを見て、行きたいなあ、いつにしようと思っていました。一番迷ったのが、三三、菊之丞、喬太郎、たい平、花緑の交代出演の部分! 三三かなあ、それとも花緑か…。
三三は、今や日経新聞日曜版の月イチ冊子にインタビューが載ったほどの売れっ子ですもんね。NIKKEI NETでも、講談とのコラボで3月に演るみたいですしねえ。スゴイな、あっという間に人気者になったな。…人気者になると、観に行く気分じゃなくなる私は天邪鬼なんでしょうかねえ(苦笑)。

というわけで、花緑を観たいと思ってたんです。
というのも、4月のかめありリリオホールの公演を知らなくて、気付いたらチケット残部僅少で観れないことが判明したからです…。さすがに2階席の一番後ろはちょっと。
リリオホール、前に観に行った時はかなりチケット余ってたのにな、前回のを観て「また来よう」と思ったお客さんが多かったのかな。それはそれで良いことだからなあ。
でも、リリオホールは3月の談春も即日完売だったんですよ。「情熱大陸」効果ですか? 私、知らなくて見てませんが(笑)。ほんと、あの時はリリオホールの会員になろうかと思った。

落語 柳家さん喬「時そば」
落語 古今亭志ん五「夫婦の噺」
仲入り
ギター漫談 ペペ桜井
落語 柳家花緑「粗忽長屋」
紙切り 林家正楽
落語 柳亭市馬「竹の水仙」

プライベートで忙しかったので、行くかどうしようか相当迷いましたが、これを逃したら後悔すると思って行ってみました!
なんとかギリギリ、さん喬に間に合った~。
マクラは、最近の寒暖の激しさと、街中のビラ配りについて、それと「~と思う」と話す人の真意について。これは麻生首相のことですね。噺は「時そば」をさらりと。「そば清」の時も思いましたが、ほんとにそばをおいしそうに食べるんですよね。ズルイ。仕事帰りでお腹空いてるんで、ついつい観ながらおにぎりを食べてしまいましたよ。そばが食べたくなったなあ。

お次は、印象的な風貌の古今亭志ん五。この人は初めて観るんですが、なんとも毒舌のような雰囲気を醸し出しておりました。噺は題名はわからないのですが、夫婦の噺。いいかげんなのに嫉妬深い亭主と考えなしのおかみさんの噺なのですが、これが良く出来ている噺で、普通に面白かったです。

仲入り後はギター漫談。これも初めて観ます。日本にギター漫談をする人は二人しかいないのだそうで、ギター侍が出て来た時は「これで三人になったね」と喜んでいたところ、いつの間にか消えてしまった、と(笑)。これには笑った。面白かったので、また観たいな。

そしてお目当て二人目、花緑!
藤色の羽織が素敵です。この人は上品な雰囲気があるので、こういう色が似合いますね。
鼻炎がひどいのだそうで、花粉の季節は最悪だ、と。月曜に注射を打ったと言ってました。ステロイド。大丈夫なんだろうか、とやや心配になりました。
そそっかしい人が二人、という前振りで、「粗忽長屋かな?」と思ってましたが、「粗忽長屋」でした! 何と言うか、前振り部分がなんともほんわかしてて、素なんだか演じてるんだかわからない花緑の話し振りがとても良かった。小さんの孫で、最年少で真打になって、芸歴も長いはずなんですが、この人の古典落語は良い意味で軽やかで現代さを感じます。すごく良い時間を過ごさせてもらいました。

紙切り正楽さんは相変わらず大人気。今日のリクエストはたくさんあって、その中で「麻生太郎」「貫一お宮」「アンパンマン」を切ってました。今日のお客さんは好き勝手にリクエストしたので困っただろうなあ。「アンパンマン」がすごくイイ出来で、こりゃすごい!と本気で驚きました。ほんと、一度はリクエストしてみたいもんです。

トリは、ずっと聴いてみたいと思っていた柳亭市馬さん。市馬は「しば」なのか「いちば」なのかと思ってたら、「いちば」でした。ずっと「しば」だと思ってたよ…。
歌ってくれるかな、と思ってましたが、演目は「竹の水仙」。落語家になって30年とのことで、とてもそんな年齢には見えない。50代くらいなんでしょうか。歌声が素晴らしいという噂は知ってたんですが、落語の語り口も素敵な声でした。というか、外見もかなり素敵なんじゃないですか? 男前の部類に入るんじゃないですか? 三三が歳を取ったらこうなりそうな…でも、三三は痩せてるしなあ。
マクラは花緑と小さんについて。花緑が出る時は、なぜか皆さん小さんについて触れているような気がします。お客さんの拍手も大きい気がする。それは小さんの魅力なのか、花緑の魅力なのか。小さんの落語を知らないので、今度CDを借りて聴いてみようかな。

肝心の「竹の水仙」ですが、甚五郎が、前に観た花緑の演じた甚五郎とそっくりで驚きました。これは師匠の影響なんでしょうか。また別の人が演じる「竹の水仙」を聴いてみたいです。できることなら、さん喬か権太楼のやつを。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/235-46e34cf0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター