Entries

相棒シーズン7感想~第13話「超能力少年」

この一週間、更新がなかったことに気付いてショック。。
日曜に撮影に出掛けたので、その写真のアップが明日にでも出来そうです。
それでは、感想いってみましょう!

※以下、ネタバレ含みます。基本的には、役名で雑感させていただきます。

第13話「超能力少年」

今回のゲストは濱田マリさん。この人は全然歳を取らない印象があります(笑)。
銀座のクラブに強盗が入るというお告げを聞いたと、銀座署へやってきた縄手順子とその息子の拓海。銀座署では相手にされず、翌日警視庁へやってくるもののやはり相手にされず、特命係へ回されてきます。
この時、既に強盗が入ってるんですが、二人から話を聞いた右京さんが連れ立って捜査を、という矢先に強盗の連絡が二課へ。その時の右京さんの顔、面白かったなー。水谷豊さんはこういう小ワザが上手いですよね。
右京さんは「おばけと超能力は信じている」んですって。ちょっと意外。京極夏彦の小説「京極堂シリーズ」の京極堂は、「全部インチキ」と言っているのをふと思い出しました。

まずは順子の元・夫へ聞き込み。かつて順子は超能力少女としてTVに出ていたとのこと。けれどもインチキだったことが判明し、それがもとで両親は離婚したという過去があります。一ヶ月も二人と会っていないという話なのに「超能力が開花したらしいですから」って元・夫が言っているのは変な文脈だなと思っていたら、やはり後にそれが出てきました。
その後、拓海が離婚を予知したという、とある夫婦の奥さんのところをたずねる右京さん。離婚の理由は、夫が嫉妬深く、彼女の浮気を疑って家にいくつもの盗聴器をしかけていたということ。いやはや、そこまでの嫉妬というのは想像もつきません。。
この「盗聴器」というのが今回の軸となるのですが。

右京さんは、とある仮説を立て、鑑識の米沢と一緒に順子の家へ行って盗聴受信機があるかどうかを調べます。けれども、出て来たのは発信機。これは元・夫がしかけたのかな?と思ったのですが、案の定でした。
そして母親の熱意のせいでマスコミにも超能力少年と取り上げられる拓海。池から拳銃が出てくると予知し、それが当たります。その時、元・夫も池に来ています。はじめは夫が怪しいと思ってたんですが、これは単に息子が心配だったからだったみたいですね。

今度の予知はコンビニ強盗。けれどもこれは外れ、通り一本挟んだ不動産屋に強盗が。この不動産屋は、銀座のクラブで強盗殺人が起きた被害者が勤務していたところでした。意外なところで事件は進展するのですが…これはちょっと驚いたなあ。

最後、右京さんが拓海の予知のからくりを明らかにするのですが、右京さんは本当に何でも知ってるなあと思いました。いやー、これだけの博識はやはりドラマですよねえ。
元・夫と家族三人が元に戻る結末を、右京さんが温かい眼差しで見ていたのが印象的でした。

それにしても、今回の相棒は米沢でしたねえ。このまま米沢が相棒ってのもイイですよね~。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/229-49320b2e

0件のトラックバック

2件のコメント

[C139] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C140]

秘密さん、こんばんは。
右京さんの独特な話し方は、たしかに魅力のひとつです。
また来週、楽しみにしていてくださいね。
  • 2009-01-31
  • 高坂
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター