Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/218-b48528c4

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

相棒シーズン7感想~第9話「レベル4~後篇」

薫最後の事件、ということで、先週の次回予告から引っ張った今回。
早速、感想いってみましょう!

※以下、ネタバレ含みます。基本的には、役名で雑感させていただきます。

第9話「レベル4~後篇」

いきなり総括から入りたいんですが、今回は、観ている途中でメモするのも惜しい&何をメモしてよいのかわからないくらい、完成された回でした。メモしている時間が勿体無いというか、とにかく続きを観ていたいというか。
途中でツッコミどころもいくつかあったんですけれど(笑)それはさておき。

前回のウイルスの棚が小型爆弾でふっとんだところから、今回は始まります。
ここで鑑識の米沢が魅せる! 「俺たちは警官なんだ」って一言は、今回のシリーズの象徴ですね。
ウイルスが外に出ないよう、扉を閉めて皆を外に出さない米沢。その後、応急処置でガムテープなどで窓を貼ったり…。気丈にも右京さんに連絡してるんですが、ウイルス感染という現実を見ないようにしているなんて…米沢さん、アンタ格好いいよ!!

小菅がニヤニヤしているのを、トリオザ捜一の三浦が激昂して怒るところが印象的。こういうこと(ウイルス感染)で怒るのは伊丹ではなくて三浦なんですね。
場面は取調室へ。トリオザ捜一が小菅を取調べ。その間に米沢から不審な行動を目撃したとの情報を得た右京さん、小菅にウイルス発症の時間をかなり激しく問い詰めます。こんななりふり構わない右京さんを見たのは初めてかも。
小菅から得た情報を元に、亀山へ連絡を。亀山がまだ病院にいることを知り、自身の推測であるとのことを告げて、発症寸前の者が1名いるので隔離するよう頼みます。
ここで、亀山の意味深な台詞が。
「こんな時になんですけど、これが右京さんとの最後の事件になると思います」
あれ? 事件で何か起こるってわけじゃないの?

右京さんの指示通り、防護服を奪って病室へ入る亀山。
既に事情を聞いた米沢と会話しますが、米沢の「あなたも感染するかもしれない」との言葉に、迷いのない亀山。
「大丈夫ですよ、右京さんの判断は間違っていませんから」
「どうしてそんなことが言い切れます」
「何年、あの人と相棒やっていると思ってるんですか」
完全に信頼してるんだなあ、ああ、でも、別れちゃうんだ…。
発症しそうな1人に皆で防護服を着せます。着せている最中に血を吐く発症者。これ、大丈夫なの?? ドラマだから平気なの?

その間に右京さんは国立微生物研究所へ。長峰千沙子との面会です。
この、長峰と会う時のカメラワークが良かった! 透明な仕様のエレベーターという設定なんですが、「うわあ、きたあ!」という感じ。うーん、上手く表現できない(笑)。
その前のシーンで、長峰は国の機関の誰かからウイルスに全員感染していると検査結果を報告するよう指示を受けます。本当はこの何者かが発症を演出していて(その話も長峰にはしている)隔離を行わないことで全員本当に感染させてしまうってことなんですが。その指示通り、長峰は警察に「全員ポジティブ」と告げます。うーん、この長峰の検査場面も、普通一人で検査行わないだろうって思うんですけどね(苦笑)。まあ、ドラマだから。
で、右京さんとの面会で、本当の黒幕を告白する長峰。
前篇で小菅に殺された後藤が自衛隊にウイルスを渡した張本人で、長峰は共犯。ここでうまく前篇とリンクさせましたね。今回は、前篇とのリンクがとてもよく出来ていました。

結局、発症者の1名は死亡。ウイルスを打ち込んだ人間は自衛隊の予備自衛官で、普段は警察に勤務とのこと…さあ、小野田さんの出番!
「省に格上げされたからって、少し調子に乗ってない?」
なんて、小野田さんらしい台詞。おどけた口調なんですが、怒ってるなあとわかる一言。
今回、小野田さんは少しの出番なんですが、相変わらずおいしいところを持っていきますな。

その後、亀山と一緒に小菅のところへ行き、小菅のゲームの真の目的を解き明かす右京さん。小菅のやっていることにはいちいち意味があって、今回は本当に無駄のないストーリーだとつくづく思いました。

そして今回のメイン、最後の事件の意味。
ここでシーズン7の冒頭に繋がるんですね。ああ、今回のシーズン7、本当に上手く出来てるよ。シーズン通しての一貫性を、敢えて意識して持たせているような気がします。
「お世話になりました」と初めて言われた右京さん。
「またひとりになっちゃったね」と言う小野田さん。並んで歩くと何気に良いコンビですよね。
警察を去る亀山と、最後に向かい合う伊丹。後ろを向いていたのでわかりませんが、「とっとと行けよ」と言いながら、一体どんな表情をしていたのか…沈黙と、後姿と。
そして、最後に言い忘れていたと、亀山に電話する右京さん。
あ、美和子の「なんで一緒に行こうって言ってくれないの!!」という気持はわからんでもない(笑)。この場面の亀山はイイ味出してた。「ついてこい!」って、男らしいな。そうそう、やっちゃえ(笑)。
あー、亀山はもう出ないのかあ。

次回予告、次は恒例のお正月2時間特番。
注目のゲストは渡哲也! そして新しい相棒は田畑智子??
女性が新しい相棒ってのは、ひとつの選択としてありうるな、と。新しい相棒が船越英一郎だったらどうしようかと思ってたからなあ(笑)。
夫と二人で、「新しい相棒が渡哲也だったらいいよね~」と話してたんですが。意外とおじさん二人ってのもアリじゃないですか?

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/218-b48528c4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。