Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/213-f0eab92f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

相棒シーズン7感想~第7話「最後の砦」

先週の次回予告で、杉下と亀山の関係に何か楔のようなものが打ち込まれるかな、とやや期待の今夜。感想いってみましょう!

※以下、ネタバレ含みます。基本的には、役名で雑感させていただきます。

第7話「最後の砦」

今回は警察官不祥事&隠蔽の話。
ウチの夫いわく、「相棒は大抵、このテの話があるよなあ」とのこと。
そう、「相棒」では多いんですよね。

スクーター連続通り魔事件が発生し、警察官の野村が容疑者と思われる辻を無理矢理連行と言う形で任意同行。そして取調べ中、野村は取調べが昂じて辻を誤って死なせてしまいます。それを、導入前試験中だった取調べ監督官の下柳が目撃してしまうという…。
典型的、隠蔽事件です。

まず、小野田さんがズルイ。
「食事中の雑談」と言いながら、この事件を杉下へリーク。その真意は、「杉下なら犯人をあぶり出しちゃうでしょう、隠蔽もせず、君(大河内)みたいに潰されもせず」と。
なんだそのコントロールぶりは! 同じくコントロールされ、しかもいけしゃあしゃあとそんな台詞を吐かれてしまった大河内の気持がよくわかる。
夫に、「小野田さんが腹黒い」と言ったら、「毎回そうじゃん」と返されてしまった…夫も何気に相棒フリークですよ(笑)。

そして意外と刑事という職務に誇りを持っている伊丹。
今回は事件捜査が違法でなかったどうかを調べる裏付け捜査の担当。亀山とのいつものやり取り(「特命係の亀山~!」)もなく。
隠蔽しようとする上層部の判断に納得がいかず、違法な取り調べがあったとみる伊丹。タイヤ痕をめぐって大河内とともに野村に詰め寄り、そしてその場に偶然居合わせてしまう下柳。そしてそこへダメ押しの杉下&亀山の登場で、下柳に真実を話せ、と告げるのですが…。
下柳、まさかの拳銃自殺。
…っていうか、取調べ監督官の下柳が、なぜ拳銃を持っていたのかが疑問…。
ここはちょっと、苦しい展開だったような。
その場に居合わせた皆、すべてショックを受けるんですが、亀山の台詞「強いですね、右京さんは。そして、正しい」と、トリオザ捜一のベテラン刑事・三浦の伊丹への台詞「お前はデカだ。デカの仕事をしただけだ」が印象に残りました。

下柳は目撃したことを黙っていることにまず苦しんでいて、そこへ野村の事情(オフクロが入院していて見舞いに行けなかった)と上層部の意向(お前が最後の砦だという言葉)にさらなる圧力を受けます。
泣いて吐いているところを鑑識の米沢に見られてしまったり、そして最後の拳銃自殺もの直前の心情吐露も、警察官である自分に押し潰されてしまった結果だと思います。

下柳が死んでしまったことで、今度は野村が追い詰められます。
杉下の「なぜ辻を犯人と断定したのか」という問いに、「第三の犠牲者は出せない。上の圧力だ」ということを言ってしまいます。これがのちの伏線となるのですが…この展開は上手かったですね。
そして右京さん、野村に「下柳さんの死をムダにしないためにも、真実を明らかにするべきだ」と説得します。「あなたが変わる時は今です」とも。

杉下と亀山の地道な捜査で、真犯人が発覚。犯人は、辻と同じマンションの住民で駐車場で辻のバイクの隣に駐車をしている日下部でした。この日下部の登場のさせ方、上手かったですね。そして犯人に繋げる展開も「おお!」という感じ。ほんと、今シーズンの「相棒」はムダのないストーリー展開です。
この日下部、辻の任意同行の前に辻と接触事故を起こしていたことが判明。その際に辻は頭部を壁に打ちつけていたので、取調べ中の辻の死はこの事故のせいに出来ると上層部は判断、記者会見で発表します。

記者会見前、野村は上層部より真犯人が逮捕されたことを聞きます。そして、右京さんの説得の通り「自分が違法取調べをやったことを公表したい」と訴えかけるのですが、上司の返答は非情でした。「下柳が死んだのは君のせいだ。君が間違った犯人を捕まえたからだ」と。
ここで、野村の杉下への胸中吐露が生きてきて、「うおー!」と心の中で叫びましたよ!
そして、そのあとの落胆して部屋をあとにする野村へ掛かってきた電話も圧巻。入院している母親からの電話なのですが、テレビに映った息子を見て、本当に違法取調べをしたのかという問いに野村は、「俺は警察官だよ。正義を守る人間なんだ、するわけがないじゃないか」と感情を押し殺しながら答えるんです。
この場面、野村の一人芝居なのですが、携帯電話で話しながら涙を浮かべる野村、そして電話を切ったあと、掌で口を抑えて声を押し殺して泣く野村…。この演出、そして野村役の金山一彦さん、すごいです。

そして小野田さんと話す右京さん。
「自殺した下柳が取調べ監督官だったことを公表しないのか」と問う杉下に対し、「しないよ。だって警察はいつもそうでしょ」とひょうひょうと返す小野田さん…。ああ、たしかにそうだよ、痛烈な批判ですよ、この言葉は。
そして野村にも更なる重圧が。
死んだ下柳の代わりに、野村が取調べ監督官への異動辞令。
「君が最後の砦になるんだ」という台詞を受け、呆然とし、硬い表情の野村。
非情としか言いようがない。

最後、杉下と亀山の二人の場面、事件中に杉下が問い掛けた「もし僕が違法捜査をやったら、君はどうしますか」の問いに、亀山が答えます。「何かそうせざるを得ない事情があったんじゃないかと思います」。
そこに杉下は一石を投じるのです。「警察の仲間意識は、諸刃の剣だ」と。

はあ~、奥が深かった。そしてストーリー、展開、登場人物の動かし方すべてが上手かった。
今夜の感想は長くなってしまいました(苦笑)。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/213-f0eab92f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。