Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/139-0769b998

-件のトラックバック

-件のコメント

[C105]

こんばんは。
アラーキーの語録、深いですよね。
この本、一度買って読んで、手放して、また買い直しました。苦笑
二回目はすっと入って来ました。

内田ユキオ氏の本はわかりやすくて好きですね。
すごく優しい感じを受けます。
他の著書もお勧めです。

いつも一緒にいたいライカとレンズが一番ですね。

[C106]

kinesさん、こんばんは!
アラーキーの本は、もう少し読んでみたい気分になりました。
アラーキーは外見も特徴的ですが、発言も非常に個性的だなあ、と。
でも、何となく憎めない感じですよね~。

内田ユキオさんの本は、文庫で出ていないかなあと。
手軽に読みたい感じがします。
  • 2008-08-07
  • 高坂
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

写真についての本2冊

先日まで「天才アラーキー 写真ノ方法」という本を読んでいました。文庫サイズなので通勤にぴったり。インタビューでのアラーキーの言葉がそのまま載っているという体裁で、アラーキーの口語が面白いです。

名言だと思ったのは、
「人が主役になる街は35ミリ、都市は28ミリ。街は人、都市は建物」
という言葉。
ああ、なるほど~、と読みながら頷いてしまいました。

それともうひとつ、
「デジタルは湿りがない」。
これは、フイルムは現像するのに暗室作業が必要になる(液に浸ける)けれども、デジタルは画像処理なので暗室作業が必要ないということを指しているらしいんですが(本文注釈より)、撮った写真をすぐに消せるというドライな部分も含まれてるんじゃないかと思ったりしました。

現像は検閲、というのも深く頷きましたね。
デジカメって無法地帯だと思うんですよ。いくらでもエロを撮れるし、ポラロイドと違って、いくらでも複製できてインターネットに載せてばらまいたりもできるし。そう考えると、すごい世の中になってしまったような気がする…。個人のモラルを問われるわけだから。

この本を読むまで、アラーキーに対する知識は殆どなかったのですが、読み終わって随分身近に感じるようになりました。アラーキーの写真集も今度見てみたいです。杉浦日向子さんのポートレートも。

もうひとつ、内田ユキオ「ライカの写真術」という本を図書館で借りて読んでいます。
実はこの本、ライカM2を買う前に一度借りてるんですが、その時はあまり興味が持てず全部読まないで返してしまって。改めて読んでみるといろいろと面白いです。
「理想のライカと出会うために」という項目なんて、すごく共感できました。ライカは友達や彼女に似ている、プロフィールで付き合うわけじゃない、というような主旨なんですが、その通りだなあと。
ライカはボディもレンズも年式があって、スペックに惑わされがちなんですが、自分の手元に来たボディとレンズを可愛がっていきたいなあと思うのです。私の手元に来たのも何かの縁ですからね。

そうそう、ここ2週間ほど、ライカをいじっていなかったので、昨日は空シャッターを何度か切って作動させたりしました。カメラは4台あるけれど、なかなかすべてを使うわけにもいかず…。最近使っていないTC-1を次回は使おうかな。TC-1はアラーキーも使っているようで、「写真ノ方法」を読んでいてうれしくなってしまいましたw

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/139-0769b998

0件のトラックバック

2件のコメント

[C105]

こんばんは。
アラーキーの語録、深いですよね。
この本、一度買って読んで、手放して、また買い直しました。苦笑
二回目はすっと入って来ました。

内田ユキオ氏の本はわかりやすくて好きですね。
すごく優しい感じを受けます。
他の著書もお勧めです。

いつも一緒にいたいライカとレンズが一番ですね。

[C106]

kinesさん、こんばんは!
アラーキーの本は、もう少し読んでみたい気分になりました。
アラーキーは外見も特徴的ですが、発言も非常に個性的だなあ、と。
でも、何となく憎めない感じですよね~。

内田ユキオさんの本は、文庫で出ていないかなあと。
手軽に読みたい感じがします。
  • 2008-08-07
  • 高坂
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。