Entries

二人会は「ににんかい」と読む

昨日は落語を観て来ました。「三遊亭白鳥&柳家喬太郎 二人会~デンジャラス&ミステリアス~」です。場所は、池袋にある東京芸術劇場、中ホール。

芸劇に入るのは人生二度目。中ホールは、ちょうどいい大きさの劇場で、先週のりりおホールよりも広い感じ。池袋という場所のせいか、お客さんも年配というよりか、やや若め。

定刻に白鳥と喬太郎が現れて、会場の広さとかオープニングトークを。今日の順番は、白鳥、喬太郎、仲入り、喬太郎、白鳥だそう。

三遊亭白鳥「ねずみ」
柳家喬太郎「ハンバーグができるまで」
仲入り
柳家喬太郎「夜の慣用句」
三遊亭白鳥「アニメ勧進帳」

新作は全部、初見。古典の「ねずみ」しかわからなかったので、新作三本はネット検索しました。皆さん、よくご存知で(^_^;)

というわけで、トップの白鳥は、古典落語の「ねずみ」。マクラの萩の月の話が最後にきちんとつながって、途中もオリジナリティを加えて会場を暖めてくれました。
そして続いて喬太郎、着物を上品なねずみ色に着替えて羽織姿で登場。日大商学部落研の頃の話をはじめ、あまりに長いマクラに漫談なのだろうかと思いつつも本編へ。
マモルちゃんという登場人物から世話焼きの商店街の人たちの噺で、結末は想像がついていたものの、あまりに寂しい余韻…。これは一種の人情噺なのかな。
そんな長い一席が終わって、仲入りの時には時刻は20:30…。これ、21:00には終わらないでしょう(笑)。

仲入り終わって三席目、再び喬太郎。オープニングの時の紫の着物に羽織を。
酔っ払いについてのマクラで師匠のさん喬のエピソードがチラリと出て、さん喬、ステキだ…。そして本編へ。課長と部下が出てきて、座右の銘の噺ときたら、これは「夜の慣用句」か??
この課長が反省について話すところで「一席目の噺が長すぎた!」と言って、思わず爆笑。たしかに長かった。
その反省もあるのか、噺はテンポよく進んで、サゲも鮮やかに。コンパクトにまとまった良品でした。

トリは白鳥、「終演時間になってしまったので、ここから先はおまけコーナーです」と笑わせてくれます。初めて歌舞伎を観たので、大好きなアニメと合体させて何か作れないか、と思って作った新作とのこと。
…この噺、ついていけないお客さんもいたんじゃないだろうか。コミケとか言ってるし、、。アニメの部分があまりにオタクすぎてリアル(笑)。歌舞伎ネタは「勧進帳」で、いろいろと笑わせてくれたのですが、ちょっと長いなあと感じました。

終演は21:40。
個人的には喬太郎の語り口の上手さを再認識。長講、お疲れ様でしたm(_ _)m
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/111-d4e6e87c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター