Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/108-b982fa6a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

魅せる、花緑

今日は柳家花緑独演会「花緑ごのみ」に行って来ました。場所は、亀有にあるかめありリリオホール。
客層はやはりご年配の方が多め。ホールは広すぎず狭すぎず、傾斜も良いし椅子も良く、ここで芝居観れたら楽しいだろうなあと、俄然テンションが上がる!

宮戸川
あたま山
仲入り
出来心
竹の水仙

5分押しで、花緑登場。白っぽい、模様の入った着物に藤紫の羽織です。この人はあまり大柄な人ではないなあというのが第一印象。そういえば先月に鈴本で観た時もそう思ったような。
挨拶からマクラへ、喋る喋る。。前に聞いたことのある鶴瓶の両替の話から着眼点について語ります。車内で化粧をする人を見るのが面白いそうで、、そういうことをする人に美人はいないとか言って毒舌だあ(場内、爆笑です)。。迷惑と感じるか面白く感じるか、着眼点だねえ…。

三十分ほど話して一席目、「宮戸川」へ。…これって、こういう噺なんですか?? 何か違うような(笑)。
そのあと、そのまま高座に上がったまま、二席目「あたま山」。今回のツアーでは「あたま山」と「竹の水仙」がネタ下ろしだそうで、会場によって反応がまちまちだとか。
「あたま山」はどういう噺か知ってるのだけど、生で聴くのは初めて。なんというか、この噺はすごく落語的な世界観だと思うのですよ。頭に桜が生えるとかその山に上って花見しちゃうとか、その後も雨水がたまってできた池に魚を放して釣りして船を出して…って。こういった展開が可能なのが落語の良さだなあ。

ここで仲入り。
いやー、独演会、なんともいえず楽しい~。

着物を着替えて花緑再登場。縞の着物にうぐいす色の羽織です。このうぐいす色は、花緑の色なのかな。
めくりの字は自作だそうで、NHK番組「趣味悠々」で習ったものだそう。そんなマクラから三席目、「出来心」。これがすごく面白かった! この噺も内容を知ってるんですが、サゲが違っていて花緑オリジナルなのかなと。花緑も好きな噺なのか、楽しそうに演じていました。
終わったあと今度は退場し、そして黒の羽織で再登場。四席目、「竹の水仙」。マクラなしで本編へ。
これは左甚五郎の噺で、私は「ねずみ」がすごく好きなんですが、この甚五郎、「竹の水仙」でも同じことやってるなあ(笑)。そして宿屋の主人がなんともいい味を出していて、最後の掛け合いはとにかく見もの。いやあ、良かったです。

独演会は初めて観ましたが、演者の世界に浸れていいなあと思いました。
今週から三週連続で落語です。来週は、白鳥&喬太郎だ!

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://towerofmusiclover.blog111.fc2.com/tb.php/108-b982fa6a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。