Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月二之席夜の部主任は柳家喬太郎@鈴本演芸場9日目

新年、あけましておめでどうございます!
今年も最初のブログは落語でございます。
っていうか、去年の最後のブログが、ほんとは「スターウォーズ7~フォースの覚醒~」のはずだったんですが、書き忘れていたようで…。
それでは、気を取り直して(笑)。

紙切り 林家楽一「弁慶、初天神、喬太郎、別府温泉」
落語 春風亭正朝「辻占の独楽」
落語 柳亭左龍「初天神」
粋曲 柳家小菊「都々逸」
落語 春風亭百栄「エコラーメン」
落語 桃月庵白酒「喧嘩長屋」
仲入り
奇術 ダーク広和「布のマジック、ボウル、量子のもつれ」
落語 三遊亭歌奴「佐野山」
漫才 ホームラン
柳家喬太郎「寝床」


入場した時、ちょうど紙切りが始まったところでした。楽一さんは初見です。鋏試しの弁慶がなかなか良かった、お客様のお題にも上手く応えていました。
正朝さんは軽やかに演じていて良かったです。初めて観た演目だったけれど、軽妙で面白かった、定吉最高。独楽を回すときのかけ声がいろいろ考えられていて良かったなあ。
左龍さんは、今日は少し物足りなかったかな…。今日のお目当ての一人だったんですが、演目との相性が良くなかったのかも。
小菊さんはいつもの通りぶれない素敵な芸でした。声がいいですよね~。都々逸は短いのですぐ終わっちゃうから油断しちゃダメですよ~、といつもの軽妙なトークと唄。さすがです。
お目当てその2、百栄ちゃん。べしゃべしゃした感じのしゃべりが、聞いてて嫌な感じがしないのがすごいです。途中で客席から携帯の着信音が鳴って、いじり倒してました。この辺、演者さんの力量が問われるところ。私はお腹がすいてしまってお弁当をがっついて食べていたので、演者からは「すごいがっついて食事している客がいる」と思われたかも。。
お目当てその3、白酒。すごく人気があるようで、拍手も大きかったような気がする。声の張りもいいしトークもノッている感じで、今一番いい感じがします。SMAPとベッキーのネタがマクラで、相撲の満員御礼は75%という話から本編へ。なるほどねえ~というサゲでした。すごく良かったです。

仲入りが開けるとき、前座さんから携帯電話の電源を切るようにアナウンスがありました。最近の前座さんはアナウンサーのような話し方で、そつがない感じがしてすごいですねえ。

仲入り明けは、ダーク広和さん。どうも失敗ばかりでご本人も「今日はダメだ」と言っておりました。明日は喬太郎師匠の好きなネタをやるということだったので、どんなネタなのか気になるけど、明日は来れないんだよ~。
歌奴さんは、相撲の噺。相撲よびだしの真似が上手かったー。場内アナウンスもマイクを使って凝ってやってくれました。噺もとても面白かった。初場所最中だからこのネタなのかな。落語と相撲って合うなあ。
ホームランは、いつもツッコミ役の方が喜劇役者志望だったということで芝居をやってくれました。こちらの方の人がクローズアップされる回は初めてだったかも。面白かった!

そしてトリの喬太郎。当然もちろん、本日のお目当てです。
紫色の着物で登場したのですが、髪が真っ白になっていて、おまけに痩せていてびっくりしました…。病気とかしていたんだろうか。いや、まさか。
そんな風にちょっと心配したのですが、噺は安定の喬太郎って感じで楽しく観れました。今回の正月公演は新作中心なのか、それとも古典中心なのか、と思いきや「寝床」。今日は古典の日なんだな。長屋の住人に魚かつがいて、お、芝浜?と思ったら案の定、芝浜ネタを入れてきて、「あれは夢でございました」で本日一番の笑いが。いやもう、ホントに面白かった。噺の力って素晴らしい。

友達を誘って一緒に行ったのですが、友達も大満足。私もすごく笑いました。
あー、落語ってすごい。また行こう。

奥田民生 生誕50周年伝説“となりのベートーベン”12/22@東京国際フォーラム

久し振りのライブです。
友達がいつものようにチケットを手配してくれて、行ってきました東京国際フォーラム。
今回は民生50歳バースデーライブとのことで、たくさんのゲストが出るという前情報のみでの参戦。
席は2階の3列目、ゆっくり座って観れました~。
さらに両脇にスクリーンが設置されて、アップでも映してくれる仕様になっていました。

<第一部>
オカモトショウ「マシマロ」
浜崎貴司「野ばら」
うつみようこ&Leyona「悩んで学んで」
岸田繁「The STANDARD」
八熊慎一「愛のために」
吉井和哉「手紙」
~バックバンド、メンバーチェンジ~
和田唱「夕陽ヶ丘のサンセット」
草野マサムネ「スカイウオーカー」
真心ブラザーズ「息子」
トータス松本「明日はどうだ」
仲井戸麗市「人間」
Char「あくまでドライブ」
全員「イージューライダー」

<第二部>
ライオンはトラより美しい
コーヒー
股旅(ジョンと)
ヘヘヘイ
手引きのようなもの
さすらい

<アンコール>
アジアの純真(PUFFY)
すばらしい日々
カスタム


今回、珍しくセットリストはバッチリ!
はじめに斎藤有太さんのご挨拶がありまして、初期10年のバンドである古田たかしさんや根岸さん、長田さんらが登場。うおー、しーたかさん久し振り!
そして再び有太さんから最初のゲストが紹介されます。
オカモトズは名前は知っていたけど観るのも聴くのも初めて。ボーカルのオカモトショウくんが登場。民生と並ぶとホント若いな~。
曲は盛り上げるためなのか「マシマロ」でした。
で、やはり本家とはだいぶ違う…。民生の曲は、民生が歌って真価を発揮するのか、他の人が歌っていても民生の声が聴こえてくるから不思議だ~。
一曲歌って、オカモトくんはこれで終了らしく、次なるゲストを紹介して退場していきました。
次は浜崎さん。久し振りだな~。そして、再び「本家は素晴らしい!」ということを再認識する(笑)。
岸田にいたっては、この曲をカバーした陽水さんの方がいいなと思ってしまった…ゴメン、、。
ヤックは、名前が聞き取れなかったうえに、ヤックと認識してからもバンドの名前が思い出せなくてもやもやした~、スパゴーだよねwww でも、この「愛のために」は最高だった!
そして吉井さん登場。背が高い、カッコいい。初めて生で観たなあ。選曲はどなたかに言われて選んだっぽいけど合ってました。すごい声量、さすが吉井さん。歌謡ロックのイエモンをまた聴きたくなっちゃったよ。

ここでバンドメンバーが交代ということで、残念ながらこのメンバーでの民生の歌は聴けず……。
せっかくなので聴きたかったー。

で、いつもの編成です。ドラムは湊さん、ベースは小原礼さん。間違いない感じ。
有太さんはずっとキーボードやってくれてたんだなあ、全然認識してなくてスミマセン、、。
再び有太さんの紹介で、これまた久し振りの和田くん!
年月っていうのはすごいね、和田くん、歳取ったなぁー! でも、声が全然変わってない! その外見でその声ってどうなの(笑)。トライセラもまだまだ頑張ってるみたいなので、今度また聴こうと思わせてくれました。
で、和田くんは相変わらずおしゃべり大好きみたいで、次のゲスト紹介の時、「自分と同じ星座と血液型なんですが、評価はまったく違う」と言って、民生が爆笑してました。そのゲストがマサムネだってわかった時、私も爆笑してしまいましたよ~。
マサムネも生で観るのは初めて。この人は全然変わってないなあ。「スカイウォーカー」はナイス選曲だったのだけど、まだ曲を自分のものにしていない感じでちょっと消化不良。良さそうになる雰囲気があるのでもったいなかった…。でも、イントロ部分のギターはマサムネって感じでスゴかった。いいもの見せてもらいました^^
で、マサムネの紹介も面白くて、自分が出てきた時に「楽屋でアンチエイジングの話で盛り上がった」と言っていたんですが、一緒に話をしていた相手が次なるゲストで、真心でした。
真心もほんと変わらない! YO-KINGもだけど桜井さんもバケモノだ。歌はYO-KINGが歌ってましたが、民生とのコーラスの絡みもバッチリ、地球三兄弟でも一緒だったし揺るがない信頼感。そういえば、あまりもの違和感のなさに「地球三兄弟だ!」って気づいて、桜井さんが「オーシャンおめでと!」って言っててホントイイ雰囲気だったなあ。YO-KINGの歌はほんとカッコよかった、また真心を観に行きたい。次のゲスト紹介は桜井さんがやってくれました。
そこで登場したトータスが、また真っ赤なスーツでホントカッコよくてビックリ! この人のスタイルの良さをどうにかしてほしい(笑)。でも歌っている時の動きが完璧トータスで、懐かしくて仕方なかった。民生の「いやでも目に入ってくる。ケーヤンの気持がわかる」に笑ってしまいましたよ~。
トータスの次なるゲストの紹介が叫びすぎであまりよく聞こえなくて、チャボさんでした。この人こそ、全然変わらない代表!って感じで20年くらい変わってないんじゃないかと思った…。ライブ終了後、友達がチャボさんの年齢を調べたら65歳でした。全然そんな感じしないよ~。
チャボさんは有太さんが選曲してくれたという「人間」を歌ってくれました。とても良い歌でした。で、次のゲスト紹介を忘れてそのまま退場しちゃうチャボさん(笑)、戻ってきて紹介してくれましたよ、Charさんを!
Charさんは三人の侍つながりかー、登場して何もしゃべらずすぐに歌に入りました。すごいギターキュインキュインで歌も最高。すごい選曲だったな。(でも、あとからCharさんが何を歌ったのかなぜか思い出せず、友達に何とか思い出してもらった、、。)

ここで第一部終了ということで、全員出てきてもらって「イージューライダー」を歌うことに。民生が「不朽の名作」的なことを言って、あとから「そんなこと言うんじゃなかった」というようなことを言っていたんですが、名作なのは間違いないし、自分のライブなんだからそのくらい全然言って構わないと思う。ホントにステキな楽曲をたくさん作ってくれてありがとう!
「イージューライダー」は皆が少しずつ歌っていくというリレー形式で、トップは岸田。緊張が取れたのか、岸田らしい歌声で、こちらのほうが印象に残りました。あとは、真心は桜井さんが歌ってたなあ。桜井さんもイイ声で歌ってました。すごい良かった。

そんな盛り上がった第一部のあとは休憩。この時点で20:40頃で、しかも休憩かなり長くてビックリ…。
そして第二部の幕が開いたら、フルオーケストラが揃っていて、これまたビックリ。
バンドも再び変わって、コーラスはうつみさんとLeyona、そして和田くん!
有太さんがオーケストラメンバーの紹介をしてくれました。
二部は民生がようやく歌うようで、フルオーケストラを従えてギュイーンとやってくれました。やはり本家は最高です。
そしてオーケストラを意識した選曲とのことで「股旅(ジョンと)」。これがすごい迫力で、いいもの聴かせてもらいました!
「この曲作って良かった」って民生が言っていたけど、そういう曲がほんとに多くて、このあとの「ヘヘヘイ」もすごく良かったし。あ、桜井さんが第二バイオリンということで紹介され、参加してくれました。桜井さんも多才だなあ、まだまだたくさんの可能性があるんだなって思わせてくれる。
二部の最後は再びみなさん揃って、「さすらい」を。カメラ位置のせいか、スクリーンでは民生が歌っている後ろに和田くんがずっと映っていて、和田くんがすごくうれしそうに笑っているのが良かったなあ。

そしてアンコール。
PUFFYと陽水さんが出ないね、って友達と話していたんですが、ここでようやくPUFFY登場。
しかも「アジアの純真」を歌うというオマケつき。陽水さんが出ないから、その代わりにこの楽曲を歌ったのかな。
そしてフルオーケストラによる「すばらしい日々」のダイジェスト版。ここから曲に入って全員でフィナーレか?と思ったのですが、それは違うらしく、ホントの最後は「CUSTOM」。
CUSTOM、誰も歌わないなあって思ってたんだけど、やはり民生が歌うんだなあ。この楽曲を歌いたいって思っているアーティストはすごく多いと思う。民生自身も思い入れがあって、除外にしていたのかな。

フィナーレは、全員で前に出てお辞儀でした。しかし打ち合わせしていなかったのか、見事にバラバラ(笑)。
濃密な時間はあっという間に過ぎて、外に出たら時刻は22:20。
次の日が休みで良かったあ! とても楽しいライブでした。

映画「コードネームU.N.C.L.E」を観る

ガイ・リッチー監督の「シャーロック・ホームズ」シリーズが好きで、ブルーレイも買ったし、サントラもレンタルしてiPodでかなりヘビロテしてるんですが、3の予定はあるけれどロバート・ダウニーJr.の予定待ちとかいろいろな話がささやかれる中、先にこちらが来ちゃいました。

コードネームU.N.C.L.E

前評判もいいし、ガイ・リッチーだしハズレはないはずだ!と早速観に行ってきました。……が。
「……」
観終わった後、何ともいえない気分になってしまいました。
お洒落だし、衣装とか映像がとにかく凝っていることは良くわかったんですが、ストーリーが分かりづらいというか……。
続けてもう一回観れば間違いなく理解できたと思います。それか、内容が詰め込みすぎだったか、場面展開が速すぎたか、どちらかのような気も。あと音楽に頼りすぎ。もうちょっと音のない場面を増やしても良かったかなあ。

それでも、要所要所でガイ・リッチーらしいカメラワークや映像があって満足しました。面白い場面もたくさんあって、かなり笑ってしまったし。重要な台詞のあとに場面をとばして、それを巻き戻して種明かしをする手法なんかも面白かったです。
しかし、他の方の感想で「キングスマンといい、スパイってこんな感じだっけ?」という内容のものを読んだのですが、たしかにスパイってこんなに目立って良かったものだろうかと思ったのも事実。エンターテイメントとして割り切って観るのをオススメします。

首都圏外郭放水路に行ってきました。

カテゴリに当てはまるものがなかったので、とりあえずコレで。
何しろ撮影目当てで行ってみたもので^^。

今年になってtwitterを始めたのですが、リツーイトで流れてきたのがこの首都圏外郭放水路の特別見学会が開催されるというもの。
「あふれそうになった中小河川の洪水を地下トンネルに取り込み、江戸川に排水している首都圏外郭放水路。地下神殿を思わせる壮大な空間人洪水に備える機能の鼓動を全身で感じてみませんか。」
(チラシより転載)
カメラ好きには有名な場所なんだそうで、普段は平日で予約した方のみが入れるらしいです。

何だか面白そうな写真が撮れそうなので行ってみよう!と軽い気持で出かけたわけですが……
雨との予報なので、早めに行くことに。そして朝9:25、シャトルバスが出るという南桜井駅に到着すると、すごい人!!
シャトルバスの本数が少ないせいか、結局バスに乗れたのは約一時間後の10:35頃でした。。
いきなり心が折れそうな事態に直面したわけですが、もっと驚いたのは庄和排水機場 龍Q館に着いてから。
ナニこの長蛇の列……。
(写真はすべて画像クリックで大きくなります)

長蛇の列

アナウンスによると、最後尾から一時間半以上待つとのこと。本日は最高気温12℃のため、複数でいらしている方は温かい食べ物、飲み物などを購入して風邪などひかぬよう自衛してくださいとのことで、せっかく着いたけれど帰るか?という気持になりつつ最後尾へと並びます。
で、これが意外と進んだので、思っていたより苦もなく待つことができました。アナウンスにしたがって食べ物とかも買いましたよ~。
お値段もお手頃でした!
途中にポンプ室の入り口があって、どうせまだまだ並ぶので夫にポンプ室に行ってもらいました。まあまあだったそうです(私が見に行ったわけではないので詳細は割愛)。
そしてきっかり一時間半後、ようやく入り口に到達。地下への階段を下りていきます。
そして……

地下1

着いた!
そしてこちらが羽根車。カッコイイ。

羽根車

結構広いです。地上のグラウンド部分の地下がすべてまかなわれています。
地下神殿というより地下要塞って感じ。

地下2

端にこんな階段がありました。ハリウッド映画で出てきそう。

地下3

カメラはいつものコンデジを持っていきましたが、暗すぎてブレてダメでした。三脚必須です。スマホカメラで撮っておいて良かった。今どきのスマホのカメラはほんとに優秀だな~。
大満足して地上へ。出口の直前で撮ったやつです。ガラスがいい雰囲気だったので。

ガラス

上に上がった時は13時を過ぎていました。アナウンスでは、これから並んでも中に入れないとのことで、どうやら15時までという終わりの時間があるため、並ぶ時間を考慮すると13時以降に並んでも中に入れないという判断のよう。
早く来て良かった……。

帰りのシャトルバスも列が長くなっていたので、歩いて南桜井駅まで帰りました。
徒歩30分~40分とのことだったのですが、こちらもきっかり30分で駅に到着。
初めて行く分には結構面白かったです。でも、あの待ち時間は結構つらかったので、平日予約をオススメしますね~。

香田あおい「セレモニー服のシンプルレシピ」からA1のブラウス

久し振りのソーイング記録です。
実はソーイングはかなりやっていて、今や夏服は手作り服が半分を占めているような状態だったりします(笑)。夏服で活躍する生地はやはりリバティ。高いけど、シワになりづらいし、透けないし、涼しいし。7分袖や長袖のブラウスを作って、日焼け防止に着たりします。

さて、表題の「セレモニー服のシンプルレシピ」というソーイング本は2012年2月発売だそうで、その年の夏にまず一着作りました。スーツに合わせられる涼しいブラウスということで、A1の7分袖ブラウス。布はリバティのグレンジェイドの青です。その服を毎シーズン着倒してよれよれになったので、今年の夏にもう一着生産。こちらはFilerさんの60ローンランダムドットのネイビー。薄地だけど縫いやすく、しわにもなりづらいです。
(↓2着同時に写した写真はクリックで拡大します。)

グレンジェイドとネイビードット

サイズは7号です。本では胸囲などかなり大きなサイズで記載されてますが、前身頃と後ろ身頃にギャザーが入っているし、ふわっとしたシルエットになるので、実寸で計ると本の記載通りくらいになるのでは。ただし、肩まわりはジャストフィットなので、肩幅を基準にサイズを選ぶと良いんじゃないかと思います^^。

フロントスタイル

バックスタイル

前後は大体こんな感じ。袖の形が優秀。すごくきれいです。着画がなくて申し訳ない…。
私はリボン部分をバイアスで取らずに、直線で取りましたが、不自由なことはないです。
それと、スナップボタン+飾りボタンを、ボタンホールへ変更しました。
7号でこういった柄合わせの必要のない生地なら、1.5mで作れます。

図書館で借りて型紙を写して2着作ったので、書き写した甲斐はあったかな(笑)。

Appendix

プロフィール

高坂(タカサカ)

Author:高坂(タカサカ)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。